遠いページ


 メインページコラム番外編 

 遠いページでは、古いラジオについて紹介しています。日本のラジオ放送は1925年から開始されていますが、当時は、いわゆる鉱石ラジオがメインだったようです。その後、少しずつ真空管ラジオが普及し、お茶の間の主役となっていきました。当時は、ラジオが高価なこともあり、自作する人も多かったみたいですが、トランジスタラジオが発売される前の真空管全盛の1950代年にはすでに、ラジオの普及率はNHKの契約率で80%に達し、未契約を考慮すると90%を超えていたと思われます。

1960年代以降は、その座をテレビに譲ってしまいましたが、ポータブルなトランジスタラジオが発売されたことでお茶の間から一人一台へと、また、音質の優れたFM放送の開始等により、音楽主体の方向へも展開しました。ラジオ番組を録音するエアチェックという言葉も流行りました。

 その後、1970年後半になり、遠くはアメリカやヨーロッパからの放送を受信するBCL(Broadcasting Listeners)が大流行となり、猫も杓子も私も、海外放送を聴いていました。その後は海外も身近になり、更に現在ではネットが普及してラジオは全く廃れてしまいましたが、その当時はラジオのテレビCMも行われ、内容が暗記できるほどカタログを眺めた記憶があります。

 ここでは、特に個人的に思い入れのあるソニー(SONY)のトランジスタラジオについて、簡単な紹介とメンテナンス記録を載せています。半分は自分の収集品の整理道具的な位置づけで、調査・勉強しながら素人整備しています。

 ラジオの整備の度合いについては、人によっていろいろ考え方があるようで、古銭のようにクリーニングもNGとか、部品も当時の物しか使わないという方から、とにかくぴかぴか、再塗装まで行っている方までいろいろみたいです。ここでは、動作しない道具も寂しいので、稼動させることを第一優先に、実用になるところまでは頑張って修繕、見てくれについてはこすって取れる程度の汚れはきれいにする、欠落しているものはできる範囲で代用の方針で整備しています。とは言いましても、半田ごてを使うのは中学生以来で、回路の修理については、現在修行中です。

 掲載している情報については、当時の資料やマニュアル等はあまりありませんので、明確な裏づけ資料はありません。間違っているものもあると思います。またトランジスタ等は、手持ちの本体内部をぱっと覗いて分かる範囲で確認したものですんのでご留意ください。またメンテナンス等についても、大間違いなことをやっている可能性もあります。そのあたりを十分ご理解の上、ご覧ください。内容も随時変更されることがあります。

 コラムには、ラジオ集め、修理でいろいろ気がついたことを、まとめて行こうかと思っております。番外編には、ソニーのラジオ以外の電気・電子関連の話があります。


リスト




NO サムネイル 機種名 受信バンド 発売年 (機種名ソート用)

ホームページに戻る