USB D/Aコンバータ キット




はじめに


スピーカー、パワーアンプとそろえて、パソコンから接続すれば一式そろったことになるのですが、ノートパソコンのオーディオ部品はあまりよくないとも言われているみたいで(特に安いノートパソコン)、気休めかもしれませんが、USBから直接デジタル信号を取り出してアナログ信号に変換するコンバータのキットを購入しました。

キットについて


VICSという会社が取り扱っています、USBオーディオキットです。結構有名なキットのようで、音質向上を目指してたくさんの方が改造してみえるようです。PCM2704というDA変換チップを使っております。新しいチップでは無いようですが、音質良好とのことで長期にわたり人気があるようです。

このチップを用いたキットは、秋月電子からもでおり、そちらの方が安価で、かつ電力供給用のレギュレータをつけて、チップ電源を外部給電(もとはUSBですが)としているため、音響性能的には高いとも言われているようです。その代わりこちらには、オペアンプによる増幅・バッファが入っていますので、ヘッドホンをある程度の音量で鳴らすこともできるようになっています。


製作




表面実装のチップは取り付け済みです。コンデンサー等、大きな部品を取り付けて基板は完成です。
電源の供給方法を変更したり、クリスタルを変更したりとか、いろいろディープな改造もできるようですが、なかなか大変そうですので、変更点は、コンデンサーのみオーディオ用と呼ばれる変更したことと、オペアンプをソケット式にしたところになります。


キットは基板だけですので、ピンプラグを購入してケースに組み込みました。LEDは外付けとしました。


2013/03/01

遠いページ番外編に戻る